同棲の期間や間取りは?ー同棲GUIDEー

同棲の準備から家事初心者さんのためのお役立ち情報

同棲の際、住民票は移さなくて大丈夫?世帯主は誰に?

      2016/05/17

dousei

同棲を始めた際、ちょっとめんどくさい住民票の手続きや世帯主について調べてみました。

引っ越しの際は、いろいろと忙しく大変ですが手続きはしっかり行いましょう。

住民票は移す?移さない?

同棲生活を始めるとき、住民票は移すべきか?

結論から言うと住民票は移さなくてはいけません。住民票を移す事は義務であり、引越しから14日以内に異動させないと5万円以下の科料の可能性も・・・しかし例外も有ります。

・ 新しい場所に済むのは1 年未満

・生活の拠点が変わらない

一時的な出張や学生さんなどで期間が決まっている場合は住民票を移さなくてもよいそう。同棲の場合も1年お試ししてから・・・という場合なら認められるかもしれません。不安な方は市役所などで相談しましょう。

住民票を移さないと不便な事

住民票を移さなくても良い場合も有る事がわかりましたが、住民票が移動していないと銀行口座開設やクレジットカードを作る際など、住所確認を求められた場合に不便な事も。住民票を移さなくても運転免許書の住所を書き換える事は可能ですが、どうせ手続きをするなら住民票ごと移動させてしまった方が楽そうです。

住民票を移さないで生活し不便に感じたことをこちらの記事にまとめています。

住民票の変更の必要性は?変更しないと不便なこと

住民票を移す手順

住民票を移すには、同じ市町村内での手続きと異なる市町村への引っ越しでは手続きが変わります。

同じ市区町村内での引っ越し

同市・区役所に転居届を出す。

異なる市町村への引っ越し

①旧住所の市・区役所に「転出届け」を提出。「転出証明書」を受け取る。

②新住所の市・区役所にて「転入届け」と「転出証明書」を提出。

「転出届け」と「転入届け」は各役所の窓口においてあります。

元の住所から遠くへ引っ越した場合は、郵送での発行や、家族に代理で受け取ってもらう事も可能です。

郵送の場合は市や区によっては手数料がかかる場合も有ります。代理を頼む場合は必ず「委任状」が必要となります。

同棲の際、世帯主は誰に?

どちらか片方が世帯主になる

どちらか片方を世帯主にして、もう片方を同居人として届ける事ができます。

2人ともそれぞれが世帯主になる

同じ住所にそれぞれが世帯主として届ける事が可能です。特に、2人とも働いている場合はこの方法がオススメです。

世帯を分けるメリット

会社にバレない

例えば会社に転居先を伝えたら、世帯主が彼の名前・・・で会社にバレてしまう事も。会社にはまだ知られたくない、というカップルは世帯主を分けておくと安心です。

同棲解消しても記録に残らない

同棲してみたものの、合わずに別れる事になった・・・そんな場合に世帯を分けていないと世帯主の住民票に相手の名前が残り続けるということも。世帯主だった方が同じ市町村内に住んでいる限りは、元同棲相手の名前が同居人欄に記載され続けます。同棲解消後、他の人と結婚したのに住民票を見られてきまずい。。。何て事にも。

まとめ

住民票を移す事は義務なので引っ越しから14日以内には行いましょう

世帯主はそれぞれ分けておいた方が便利です。


 - 同棲HOWTO, 同棲の疑問