同棲の期間や間取りは?ー同棲GUIDEー

同棲の準備から家事初心者さんのためのお役立ち情報

カラーボックスのリメイク。色塗りやペンキを塗るコツ

   

カラーボックスのリメイク。色塗りやペンキを塗るコツ

あまり家具の予算がないとき、安く買えるカラーボックスは強い味方です!

収納や天板を乗せてディスク代わりにしたり、色々とDIYしてみたりと大活躍してくれるカラーボックスですが、「色が塗れない」のが残念なところ。

カラーボックスにペンキで色を直接塗りたいと思っても、ペンキを弾いてしまって塗れないなんてことありませんか?

カラーボックスに直接色を塗りたいなら

油性ペンキ、スプレー塗料などを試してみる

カラーボックスに水性のペンキで色を塗ることは厳しいです。

油性のペンきやスプレー塗料なら色がつくこともあります。

ですが、色むらができてしまったり、剥がれやすくキレイに仕上がりづらいのでお勧めできません。

カラーボックスにヤスリがけをする

カラーボックスにヤスリがけをし、表面をざらつかせることでペンキを塗ることができるようになります。

ただ、キレイにヤスリをかけるにはカラーボックスをバラバラにしなくてはいけませんし、全体にヤスリをかけるのはかなり大変な作業です。

カラーボックスに下地を塗る

カラーボックスに「ミッチャクロン」という下地を塗ることでペンキで色を塗ることができるようになります。

ホームセンターでも買え、ヤスリがけに比べれば楽にカラーボックスにペンキを塗ることができます。

ベニヤ板や、木のシートを貼る

直接ペンキを塗らずにベニヤ板や木のシートをボンドや両面テープで貼ります。

この方法ですと、ペンキだけでなく、オイルステインでの着色もできるようになるので、アンティーク風にしたい方にはオススメです!

カッティングシートや壁紙などを貼る

カッティングシートや壁紙を貼ることでカラーボックスの色を変えることができます。壁紙も1mから帰るのでお気に入りの柄があれば楽にカラーボックスの見た目を変えられて、お勧めです。

 


 - お部屋作り